借金の減額方法には何がある?


借金が減らなくて困っていませんか?
毎月の返済が大変で四苦八苦しているなら、借金を根本から減らしちゃえば良いんです。
根本の借金が減れば毎月の支払いが半分以下になるかもしれませんよ。

 

借金減額の方法を知らない人は絶対に損しています。
実際に借金減額を行うかは別として、選択肢が無いのは不利でしかないですよね。

 

借金の減額方法には、誰でも利用できる任意整理と条件を満たした人が使える個人再生があります。
それに加えて借金をチャラにする自己破産があるんです。
この3つの借金減額方法を駆使すれば、借金は確実に減らせますよ。
毎月の支払いが半分以下になるのも夢じゃありません。

 

頻繁に利用されるのは、任意整理

なぜなら、厳しい利用条件が無いから多くの人が使えるんです。
利息の引き直しで過払い金の返還も期待出来ますし、利息カットの効果もあります。
費用も少なくて済むので、返済が苦しくなった人は利用を検討してみると良いですよ。

 

そして任意整理とは違い、個人再生は利用条件に厳しい制限がありますね。
条件として重要なのは安定した収入のある仕事をしているかです。
無職やアルバイトは利用できないんです。
安定した収入がある人は多少の借金は返済できるので、既に返済が苦しくなっている人は収入が安定していない確率の方が高いと思います。
なので、この個人再生は必然的に高額な借金をしている人が対象になって来るんです。
普通に働いてはいるけど、1000万以上の借金をしていたり、3000万以上の借金をしていたら個人再生を行うことになりますね。

 

最も借金減額効果が高いのは自己破産です。

これは借金をチャラにする代わりに、持っている財産をすべて失う究極の選択ですね。
借金返済が不可能な時にこの自己破産を行うことになります。
自己破産は裁判所で判決を受けなければならないので、少額の借金が何となく返済がつらいからと言っても認められない可能性がありますね。
本当に自己破産する必要があるのか、法律的に第三者的に判断されるので、安易に自己破産できると思っちゃダメです。
そもそも自己破産は弁護士に依頼するのが一般的なので、妥当性が無ければその時点で止められると思います。

 

このような借金減額方法を使えば、毎月の支払いが大幅に減るでしょう。
支払いが半分以下になっても不思議ではないですね。
借金は根本的に減らせるんです。
借金の減額を行いたい人は法テラスや弁護士の無料相談で話を聞くと良いですよ。

実際どのくらい借金は減るの?

借金の減額方法を正しく知っていれば、毎月の支払いを軽く出来るんです。
債務整理にはいくつか種類がありますが、それぞれどのぐらい借金を減らせるのか気になりませんか?
減額出来ると言っても、1万円減らせるぐらいの効果しかないならがっかりですよね。

 

借金の減額は大幅に可能なんです。

任意整理の借金減額効果は、借金の大体20%前後を減らせると考えてください。
例えば、100万の借金なら20万前後を減らせる可能性があるんです。
もちろん、人によって差は出ます。10万しか減らせない人も居れば、40万以上を減額する人も居ます。
なぜ差が出るのかと言うと、過払い金の返還請求でいくら取り戻せるかが人によって違うからなんですね。
利息の引き直しによる過払い金の有無が、減額できる金額を決めているんです。

 

これとは別に、任意整理を行うと今後発生する利息をカットする契約ができます。
100万円の借金をしていたら、年間で15万前後の利息が発生します。毎月返済していればもう少し低い金額になりますが、この利息の負担が無くなるんです。
任意整理では、過払い金の返還と利息のカットにより、最終的には50万から100万以上の減額が期待できちゃうんです。

 

個人再生は任意整理とは比べ物にならない減額が出来ます。
衝撃的なことに、借金の80%をチャラにするんですよ。
1000万の借金が200万に減額されたら、どれだけの負担が無くなるか想像できますよね?
これに加えて過払い金の返還請求と、今後の利息をカットする契約が出来ちゃうんです。
借金が1000万あるケースでは、個人再生の減額効果は最低でも850万はありますね。
3000万クラスの借金になると、減額効果はさらに高くなるので利用しないのは確実に損です。
個人再生なら確実に、毎月の支配を半分以下に減らせるんです。

 

自己破産は借金が完全にチャラで無くなります

減額効果は100%なのですが、一つだけ注意しないと後悔してしまいます。
それは、チャラに出来ない借金があると言う事実です。
ギャンブルや違法な手段によって作られた借金は、自己破産しても消えないんです。
少し考えれば当然なんですが、これを知らずに自己破産しようと考えていたら非常にやばいです。
自己破産には細かい例外項目があるので、気になる人は弁護士に相談してみましょう。

 

借金がどれだけ減るかは人それぞれですが、毎月の負担を少しは減らせると思います。
うまく行けば毎月の返済が非常に楽になるかもしれませんよ。

更新履歴